心を癒す「魚」

1990年代の初め、魚の中に多く含まれる不飽和脂肪酸が、うつ症状を改善するという研究結果が発表されました。

また、フィンランドでは、魚の消費量が多い地域とそうでない地域とでは、魚の消費量が多い地域の方が、自殺率が低いということも調査結果でわかっています。

そして1999年には、不飽和脂肪酸のDHAやEPAである「ωー3脂肪酸」が、うつ症状を改善させるという研究結果が発表されています。

その後も、別の研究チームからも、週に2回以上魚を食べる人は、うつ症状や自殺念慮が大きく下がるという研究結果も発表されています。

このような研究結果やフィンランドにおける状況から、魚は「うつ」にとって良い食品だといえそうです。

<関連記事>
心を癒す「アラキドン酸」

(2008年4月10日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2022 「うつ」の心に癒しを。