パニック障害への対応

パニック障害は、頑固な慢性病といえます。また、パニック障害は、非常に疲れやすく、無理がきかない病気ともいわれています。

日常生活において、パニック障害を悪化させる要因として、次の3つが一般にいわれています。これらのことに十分に注意し、できるだけ節制した生活を送るように心がけることが、一番のパニック障害・パニック発作対策となります。

■過労
パニック発作の原因の一つに、乳酸の蓄積があります。乳酸が蓄積すると、パニック発作を誘発しやすくなることが明らかにされています。乳酸を蓄積させるような過労には、十分注意する必要があります。

■睡眠不足
パニック障害を患っている人は、よく無理をして夜更かしをします。睡眠不足は、パニック発作に至らなくても、身体的・精神的にフワフワした感じなどの症状が現れることもあります。

■禁酒・禁煙
アルコールもニコチンも摂取時は抗パニック作用があることが知られていますが、その抗パニック作用は短く、時間が経過するとリバウンドが生じて、逆に今度は、不安を誘発しパニック発作を起こしやすくしてしまいます。

<関連記事>
パニック発作を誘発する物質や体調

(2008年4月29日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。