2004年9月のうつ病日記

※支障がない限り、日記帳のまま記載しています。

■04.9.1(水)
  • 初めて「株懇」に出席する。内容的にほとんどついて行くことができず。非常に疲れた。
  • 個人情報に係る輸送手段も、また差し戻し。
  • 非常に疲れ、非常に自信を無くした一日だった。
  • 会社辞めたくなる。人との交わりにも自信をなくし、仕事するなら、人との交流がない仕事がいいなとも思ってしまう。
  • 今日は、遠慮せず、早く帰ってリラックスして充電しよう。

■04.9.2(木)
  • 昨日は非常に疲れて早く寝たが、気分的には非常に低調。調子が悪い。
  • 朝、エスカレーターでは転ぶし、軽いめまいみたいなものも少しする。くらくらする感じ。
  • W君が辞めること、株懇等自分の知らない世界が待ち構えていて不安なこと、個人情報の取りまとめが中々進まないこと・・・そんな不安が襲って来ている。
  • 昨日も今日も、行き帰り本も読めなかった。
  • 精神的に健康で強い人がうらやましい。雑誌を読んですごしているTさんがうらやましい。
  • 逃げちゃだめなのかなぁ。後がもっと辛くなるか・・・
  • 何か何もしたくないなぁ。
  • 誰か助けてほしい。物悲しい。
  • Tさんから、仕事の面で、いろいろ規則とか見直していってほしいと言われるが、何か心に届かない。
  • 調子が悪いので病院に行く。
    • 今日は朝から非常に気分的な調子が悪い。
    • 落ち込みがひどく、気分的に悪い。全然やる気がしない。
    • 物悲しく、誰かの助けがほしいという感じで、今日来てしまった。
    • 薬の副作用かもしれないが、めまいというか頭がクラクラする感じがする。⇒頓服としてデパス1mgを処方してもらう。

■04.9.3(金)
  • 昨日より、うつはひどくなく、病院に行ってデパスをもらって安心したのか、ほぼ通常どおり仕事もできる。ただ、クラクラした感じは、昨日と変わらない。
  • 重い荷物をすてれば楽になれると、相田みつをさん。その通りかもしれない。少し元気になって、色々欲張って何でもやろうとしたツケが来ているのかもしれない。
  • 夜デパス飲む(イライラ感あったので)

■04.9.4(土)
  • 22時に寝たが、3:15に目が覚めて、その後ねむれなかった。

■04.9.5(日)
  • 22時半頃就寝。2:50に目が覚めてその後ねむれず。ドラール+デパスでねむれる。
  • 少しイライラ感あり。

■04.9.6(月)
  • 23時半頃、3時頃に目が覚めるが、またねむれて6時半に起きる。
  • 朝からうつである。やる気がしない。薬の効果が感じられない。
  • 今日も下痢気味。
  • 法務に移れたのは、弁護士になる機会を与えられた訳ではない。自分自身を今一度しっかり見つめ直す機会を与えてもらったのだ。
  • 「いのちの根」を把握せずに、またむやみに何かに突き進んでも、同じことを繰り返すだけだ。
  • 10月の旅行を沖縄2泊から温泉1泊に変更した。妻は、僕の心の余裕度を感じ取っている。

■04.9.7(火)
  • 23時頃就寝。1時中途覚せい。その後デパスを飲んでねむる。4時50分目が覚める。
  • 朝から気分が悪い。妻がまたキャッシングを利用。残高30万円。今回で3回目である。今回通帳貸せと言わなければ残高が確実に膨らんでいたはずだ。金銭について、もっとシビアになって欲しいとは言ったが・・・裏切られた気分である。10年前の楽しかったときに戻りたいなどと言っていたが、その話しとは全く別である。人生は時間と共にどんどん内容が変わっていくものだ。言い訳がましいことを言うな。よけい病気が悪くなりそうだ。心に余裕がないのは、病気の症状なのだ。うつに関する理解がないし、理解しようと努力しているような感じもしない。自己中心に捉えているところがある。

■04.9.8(水)
  • 23時就寝。5:20に目が覚める。
  • 今日も朝下痢。
  • 何だか非常に気分が重い。妻との関係も相当影響していると思うが。
  • 体も非常に重い感じがする。歩くのもゆっくり。

■04.9.9(木)
  • 22時半就寝。12:35中途覚せい。その後うとうと。2:25以降再度目覚めてねむれず起きる。
  • 今日も下痢ぎみ。

■04.9.10(金)
  • 22:30〜5:15
  • 今日も朝から下痢ぎみ。
  • 昨日は、妻と金銭問題で充分に話し合ったせいか、朝から非常に疲労感があり、ダルい。
  • 日中非常にねむくなる。
  • 多少のイライラ感。

■04.9.11(土)
  • 22時就寝。3:55目覚める。
  • 先生に伝える事
    • 1週間前(9/4)から早朝覚せいが続いており、3時〜4時に目が覚めてしまう。→日中ひどくねむくなることがある。
    • 気分的には変化ない。むしろ、うつがひどくなってきた感じがする。ex)やる気のなさ、集中力低下、気分が重いetc
    • 体調としては、8月の初めからずっと下痢ぎみが続いており、整腸剤を飲んでいるが変わらない。
    • 薬については、許容量の範囲で増量してほしい。それでもだめなら、三環系でもよい。
    • デプロメールがカフェインの血中濃度を上げると聞いたがどうなのか。
    • 2W分なら9/27(月)分まで17日分を出してほしい。
      • デプロメール25mg×2→ルボックス50mg×2
      • ルジオミール25mg×3→アナフラニール25mg×3
      • レキソタン3mgは変わらず
      • ドラール10mg→ドラール20mg
  • カフェインについては、あまり気にしなくて良いとのこと。

■04.9.12(日)
  • 22:30〜3:50。日中2h位昼寝をしたからか。
  • アナフラニールに変えても副作用は強くは感じない。ねむ気と多少の口のかわき。ねむ気は強い。

■04.9.13(月)
  • 22:00〜5:30
  • ねむ気は、ルジオミールより強い。口のかわきは、パキシルと同じくらい。
  • イライラ感が少なくなり、落ち着いた感じになった。

■04.9.14(火)
  • 9:30〜4:40。6:40までうとうと。
  • 朝から便秘。午前中にやっと少し出る。
  • 眠気は昨日ほどではないが、強い。
  • 気分的には落ち着いた感じ。

■04.9.15(水)
  • 22:00〜3:45。6:50までうとうと。
  • 朝から便秘。午前中にやっと出る。
  • 眠気が強い。今までで一番強い。日が経つにつれ強くなるのか。口のかわきはそれほどでもない。
  • 気分的には落ち着いている。

■04.9.16(木)
  • 眠気は依然強い。
  • 今日は朝から便秘。午前中にやっと出る。
  • 気分的には落ち着いている。

■04.9.17(金)
  • 22:15〜4:50
  • 先生に伝えること
    • まだ4時半前後に目覚める傾向がある。
    • ねつきは良い。アナフラニールのせいかも。
    • 副作用としては眠気が一番強い。あとは便秘。
    • 気分的には、イライラ感がなくなり落ち着いた感じ。
    • 薬については、増量していきたい。→寝る前にアナフラニール25mgを追加

■04.9.18(土)
  • 7:30起床。良くねむれた。

■04.9.19(日)
  • 良くねむれた。
  • 副作用の眠気が強い。
  • 気分的には落ち着いている。
  • 一日中ねむい。
  • 意欲もわかない。落ち込みはない。

■04.9.21(火)
  • 朝、出る。やっとだが。
  • 9:30〜6:30。良くねむれている。

■04.9.22(水)
  • 22:00〜6:30
  • 朝、自力でやっと出した。
  • 猛烈に眠い(10:35)。コーヒー2杯目。
  • 体がダルい。

■04.9.23(木)
  • 23:00〜6:40
  • 便秘。全く出ず。

■04.9.24(金)
  • 21:30〜6:30。途中2回トイレに起きる。
  • 便秘。全く出ず。コーラックを飲んで出す。

■04.9.25(土)
  • 23:30〜6:15
  • 自然に出る。

■04.9.26(日)
  • 22:00〜6:30

■04.9.27(月)
  • 9:30〜6:00
  • 朝、自力で出る。

■04.9.28(火)
  • 23:10〜5:20
  • 朝、自力で出す。
  • 気分的には落ち着いているが、意欲的とはいえず、若干低い位置で安定している感じ。
  • 朝が何となくダルい感じ。

■04.9.29(水)
  • 22:30〜5:50
  • 朝、初めは固いが、その後は下痢。
  • 錦糸町あたりから、ねむくダルくなる。服薬後40〜50分。

■04.9.30(木)
  • 先生に伝えること
    • 良くねむれている。早朝覚醒もない。
    • 副作用は眠気と便秘だが、便秘はだんだん良くなっている感じ。
    • 気分的には落ち着いているが、若干低い位置で安定しているという感じ。
    • 意欲が湧くという感じではない。
    • 朝が何となくダルい感じ。

2004年8月←2004年9月→2004年10月

(2007年11月12日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2020 「うつ」の心に癒しを。