社会不安障害(SAD)とうつ病の併発

社会不安障害(SAD)は、うつ病アルコール依存症と併発しやすいことが広く知られています。

米国において1992年に行われた大規模な調査では、社会不安障害の33.8%にうつ病との併発、18.8%にアルコール依存症との併発、13.0%に薬物依存症との併発がみられたといいます。

また、うつ病の10.5%に、社会不安障害が併発していることも明らかにされています。さらに、うつ病における社会不安障害の生涯有病率は、19.5%という高い割合になっています。

いずれの併発においてもよくみられるのが、まず社会不安障害が先に現れ、やがて、うつ病などと併発するケースです。これは、社会不安障害により仕事や人間関係が上手くいかないなどの経験を繰り返すうちに、苦手な事を回避し行動範囲が非常に狭くなるためではないかと考えられています。

深刻なのは、社会不安障害にうつ病などが併発すると、自殺企図が急激にアップすることです。米国の調査によると、社会不安障害単独の自殺企図が0.9%であるのに対して、うつ病やアルコール依存症が併発すると15.7%にまで上昇することが明らかにされています。

社会不安障害の社会的認知度は未だ十分とはいえず、うつ病やアルコール依存症が併発してから医療機関を受診するケースが多く、自殺防止のためにも社会不安障害への理解が早く社会に浸透することが期待されています。

<関連記事>
パニック障害とうつ病の併発

(2008年6月16日掲載)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。