倉敷鶴形クリニック(岡山県倉敷市)

[クリニック情報]

【住所】岡山県倉敷市鶴形1-4-4 倉敷デパート内
【電話】086-430-2020
【診療科目】心療内科・精神科
【HP】https://www.kurashikitsurugataclinic.com/
【Mail】
【ご参考】「倉敷鶴形クリニック」HPより引用・抜粋
まずは患者さんのお話をよく聞き、最善と思われる治療法をご提案致します。わかりやすい説明を、心がけております。不安なことや分からないことがあれば、遠慮なくご相談ください。少しでも多くの皆様が、自分らしい生き方が出来るように、お手伝い出来れば、と思っております。完全予約制です。お電話でご予約をお願いします。
■アクセス
JR「倉敷駅」徒歩6分

診療時間、休診日、予約が可能な日時、対象疾患、対象年齢、紹介状の必要の有無、自立支援医療(精神通院医療)など最新のより詳しい情報につきましては、「倉敷鶴形クリニック」のホームページ、またはお電話でご確認をお願い致します。

【Google Map】

(クリニック情報:2020年6月11日更新)

[運営者提供情報]

ご訪問頂きありがとうございます。運営者のどすこいです。私自身のうつ病経験を基にした以下の情報やサイトに掲載の各種記事がご参考になりましたら幸いです。

▽クリニック選びについて
うつ病などの精神的な病気の治療においては特に、医師との相性が重要になります。医師自身が、言わば「薬」のような役割を担うからです。ネットの口コミ情報は一応の参考にはなると思いますが、実際に受診してみないと見極められません。通院自体が負担にならないように、まずは通いやすさで選んでみてはいかがでしょうか。

▽私の第一歩
人生で初めて受診する、あるクリニック。私は事前にメモを作成し初診に臨みました。緊張はしたものの、現状をうまく伝えられました。話を終えた後、いろいろな症状があったにもかかわらず、今まで頑張って来たんだね、と先生に言って頂きました。その初診からが長い道のりでしたが、それが確かに第一歩であったと思います。
※実際のメモがこちらです。(クリックで拡大)
私の心療内科初診時のメモ_サムネイル

▽私の心に残る言葉(毎月更新)
“とかくに人の世は住みにくい”(夏目漱石「草枕」)
コメント - 「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。」に続く言葉です。時折しみじみそう感じます。

(運営者提供情報:2021年9月3日更新)
スポンサーリンク
コメント投稿(運営者確認後に表示)
※運営者の判断によリコメントが表示されない場合(誹謗や中傷など)がありますので、ご了承ください。また、特定の病院に対するお問い合わせにつきましては、ご覧になった病院へ直接お願いいたします。
名前
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。