折々雑感

カテゴリ「折々雑感」に属する記事一覧です。
icon
冬来たりなば春遠からじ。苦難を耐え忍んだ後には、必ず幸せがやって来る。本当だろうか。日本国内で新型コロナウイルス感染症患者が確認されて丸一年。国内だけでなく世界中で収束の兆しさえも見られない。「万里の河」の一節がまた頭をよぎる。どれだけ待てばいいのですか...
icon
買い物と通院以外ほぼステイホームの母が、整形外科の主治医から先日、少し歩くように、しゃべらない散歩なら大丈夫、と言われたらしい。コロナ禍一年、緊急事態宣言が再発出され、恐れおののいている。状況は悪化の一途だが、なんとか健康を維持しながら一緒に乗り越えよう...
コメント(4)
icon
2020年最後の日、東京の新規感染者が1337人とついに4ケタとなった。ある程度予想されていたこととはいえ驚かざるを得ない。首都圏の神奈川、埼玉、千葉でも過去最多を更新した。菅総理は「国民の皆様の命と暮らしを守り抜く」というが、それを行動で証明してほしい...
icon
今年も残すところ5日。やはり新型コロナ一色の一年だった。当初、SARSの時と同様、半年くらいで終息するだろうといわれていたが、とんでもなかった。しかし、コロナ解雇が急増する中でも、平日だけでなく土日の仕事も続けられていることに、一番感謝しなければならない...
icon
東京の感染者数が800人を超えた。700人台を飛び越えての数字には驚いた。Googleの「COVID−19感染予測」によれば、今後も600人台から800人台の感染者数が続き、年明け9日には1000人に迫る感染者数が予測されている。忍び寄るは異次元の様相か...
icon
東京商工リサーチによると忘年会や新年会を開催しないとする企業が94%に上ったという。通常の年なら、会社の忘年会など楽しみにするどころか、むしろ気が重かったりするが、コロナ元年の今年は、なんとなく寂しい思いがする。人との空気の共有に飢え始めているのだろうか...
icon
通天閣と太陽の塔が赤く染まった。感染状況を判断する独自基準「大阪モデル」により医療非常事態の赤信号が初めて灯った。不要不急の外出自粛と飲食店の時短営業の要請がしばらく続く。先日、メガネの鼻あてが突然切れ落ちた。金属疲労とコロナ疲れ、一瞬オーバーラップした...
コメント(6)
icon
飲食店への営業時間の短縮や休業の要請が始まった。12月は通常ならば忘年会の時季で書き入れ時。社員同士の飲み会自粛を求める会社が増え、また、リモートワークも定着した。ただでさえ厳しい今、GoToも停止、追い討ちをかけられた。冬将軍と共にコロナ氷河期の到来か...
icon
第3波が来ていることは間違いなさそうである。人口密度の高い、狭い日本、人々が移動すれば、感染リスクが急速に高まるのも無理はない。日本医師会の会長がGoToが感染急拡大のきっかけだと言い切った。やれやれ。この3連休、「自己責任」の名の下に、各地が賑わうのか...
icon
全国的に新型コロナの感染者が増えている。一方、警察庁の発表によると、7月以降自殺者が前年同月比で増加に転じ、10月は4割増となった。赤字決算や退職募集のニュースを毎日のように見聞きする。景況感が改善したというが本当か。本格的な負の連鎖が始まるのではないか...
icon
「新語・流行語大賞」のノミネート語が発表された。「新しい生活様式/ニューノーマル」「アベノマスク」「おうち時間/ステイホーム」「ソーシャルディスタンス」などコロナ関連がやはり多い中、やはり「鬼滅の刃」が入った。いや、これもある意味でコロナ関連かもしれない...
icon
感染者が累計で10万人を超えた。一足先に冬へと突入する北海道では感染者が急増している。トラベルだイートだとGoToに浮かれてばかりもいられない時季が迫りつつある。「3密」は常に意識しているが、「ステイホーム」はピンとこなくなった。喉元を過ぎたわけではない...
icon
河野行革大臣の大号令の下、行政でも「押印廃止」「脱はんこ」が急ピッチで進む。はんこ業界にとっては死活問題だ。SARSコロナウイルスの時は2002年11月に始まり翌年7月には終息した。今回のコロナウイルスは明らかに違う。人類の文化まで変えてしまう威力を持つ...
icon
閣議で使われる文書の「こより綴じ」が廃止されることになった。キリで穴を開けた後、こよりを使って文書を綴じていたというから驚く。そんな文化に浸りきっていれば、何の疑問も感じないのは無理もない。さて一方、ある日本の文化がまた一つ消えていく、一抹の寂しさがある...
icon
台風14号が南下し関東への影響は小さくなった。去年の今頃の19号のときは計画運休が実施されたから、今回も気が気でなかった。ところで、当初の予報円が過去最大級の大きさだったのは、航空機の減便による影響だという。まさか新型コロナが天気予報にも影響を及ぼすとは...
icon
30代以下の若い女性の自殺が去年より7割以上も増加している。コロナの影響で生活のリズムが崩れている、自殺未遂をした女性がテレビで語る。相談窓口はあるも、なかなかつながらない。コロナ前からの自殺大国日本。個人の問題ではなく、社会問題として捉えないといけない...
icon
土日の仕事のお客様にも酒が入ると人ががらっと変わる人がいる。酒が入るとこうも変貌し言動をコントロールできなくなるのかぁ、と暴言を吐かれるたび少し気の毒に思う。元TOKIOのメンバーもそんな人の一人なのかな。どんな名酒に寂しさを紛らせても、虚しさが募るだけ...
icon
これまで除外されていた東京が「Go To トラベル」に追加された一昨日、旅行代理店には予約が殺到したという。夏は我慢した。厳しい残暑は治まりつつある。いつまた緊急事態宣言が発令されるか分からない。いついくか?今でしょ!こんな感じなのかな。4連休が始まった。 ...
icon
8月の自殺者の急増を警察庁が発表した9月10日、厚労相が「生きづらさを感じている方々へ」と題する声明を発表した。「あなたからの相談を待っています」「支えにつながるその一歩を、どうか踏み出してください」。新型コロナがボディブローのように心身にも効き始めたか...
icon
台風10号が急速に発達し続けながら九州に迫る。日本の南方の海水温が記録的な高温となっており、過去最強クラスの猛烈な勢力となるという。令和2年7月豪雨で甚大な被害を受けた熊本を中心とする九州各地の被災地が心配される。躊躇することなく、ただちに命を守る行動を...
スポンサーリンク
記事検索


Copyright © 2007-2021 「うつ」の心に癒しを。